<転職対策講座>コラム:募集要件に満たないと応募見合わせ??勿体ない!

こんにちは、ありすです。

この<転職対策講座>では、

ありすがこれまで転職を繰り返す中で習得していったノウハウを

お伝えしています。



前回は、

転職する際の企業への応募手段5つの各特徴

について見ていきました。


今回はちょっと一休みして、コラム的なお話です。

「募集要件に対して自分の経歴や経験が足りていない・・・そういう場合はどう考えるべき??」

という内容です。


マインドとして、実はすっごく大事なことを言ってます。


ですが、短めなので是非さくっと読んでください。

ではいきましょう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<転職対策講座・目次>

01.応募先をあえてざっくり選定する
02.正社員 vs それ以外の選択肢はありなのか??
03.転職の際の応募手段について考える ~ベストなやり方とは~
04.転職の際の応募手段について考える ~各応募手段のメリットとデメリット~
コラム:募集要件に満たないと応募見合わせ??勿体ない!★いまここ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職活動を進めていると、たくさんの求人を目にすることになります。

その中で、応募するかどうかを判断するときに、

次の2つの基準に照らし合わせていると思います。

1.自分の希望に合った求人内容かどうか?

2.自分はその求人の応募要件に合っているのか?


勿論、どちらも大事です。

どちらも満たしていないと応募する意味は薄いといえるでしょう。


ただ、優先すべきは1つめのほう。

まずは自分の希望に合った求人か=自分のやりたいことなのか?ということ。


しかし、2を気にする人が実際は多いのです。

その求人の募集要件に、自分は合致しているのか?この点に。



そして、要件に少しでも満たないと、

応募自体をあきらめてしまうケースも多いと聞きます。


気持ちはわかるのですが、はっきり言ってこれはとっても勿体ないのです・・・!


なぜなら、

応募要件は、<<あくまで目安>>でしかないからです!!!


スポンサーリンク

応募要件は目安でしかない



例をあげます。


マネージャー経験10年以上必須

という求人に、

マネージメント未経験の人が応募するというのは、

あまりに無謀すぎます。


さすがに勝算がありませんから。



しかし、例えば、営業の経験5年以上、

という求人要件に、


営業経験が3年半の人が応募する、

これは全く持ってアリなのです。



もちろん5年の経験がある他の希望者たちと競争なので、

厳しい戦いになるかもしれません。


しかし、5年という設定はあくまで目安

絶対的な数値ではない。


3年半と5年の差の”1年半”に、

何か絶望的な差があるのか?といえば答えはNoなんです。



むしろ、このように考えましょう。

「要件の5年には満たないが、自分は3年半の営業経験の中で5年に匹敵する濃い経験をしてきた」

ということを、根拠を示しながら胸をはって(まずは応募書類で)説明できればOK


特に営業のように前のめりの姿勢が評価される職種であればなおさらです。

熱意をもって応募あるのみです。


転職の面接で重要視されるものとは


そもそも転職では、やる気や熱意、タフな精神力が必要ですし、評価されます。

これは何も営業職に限ったことではありません。


企業側も採用に対して真剣であればあるほど、

本気の本気で自分の会社に来たいと思っている熱意のある人を採用したいですから。



今更精神論、根性論かよ、と思わないでくださいね。

わたしははっきり言って根性論は大っ嫌いです。



ですが、転職活動において、

熱意をしっかり伝えることはものすごく大事だから、

強調しているんです



やる気を伝えた”つもり”、では伝わらないんです。



転職希望者の採用お見送り理由の中でも、

「なんだかやる気が感じられなかったから」

というのは実はとっても多いのですよ。



なので、応募したい求人があるけれど多少応募要件に満たないという場合、

自分で入り口をこじ開ける力を持つくらいの気持ちでいきましょう。



企業の中には、あえて応募要件を高めに設定することで、

「それでもやりたい!!」

というやる気のある人のみをふるいにかけて

面接に呼びたいというところもあるくらいです。


昨今、応募すること自体はワンクリックで簡単ですからね。


つまり、

「多少経験が足りなくてもその仕事をやってみたい」

という熱意を企業も見せてほしいと思っているのです。

まとめ:閉じた扉をこじ開ける力


まとめると、

・応募要件はあくまで目安

・なので、多少要件に満たなくても、熱意をもって応募したもの勝ち

転職活動において「やる気や熱意を相手にきちんと伝えること」は超超大事!!

ということです。


いい意味で大胆に、傲慢にいきましょう。


これで面接に呼ばれたら儲けもの。

呼ばれなくても死にませんので。



ただ、応募要件が満たない求人に挑戦する場合でも興味を持ってもらえるように、

応募書類はしっかりしたものを作りこみましょうね!!




---------------------------

わたしは今でこそホワイトな会社でゆったり楽しく働いてプライベートも充実した日々を送っていますが、こうなるまでに私は転職を6回も繰り返すという壮絶な転職しくじり人生を送ってきました。

ブラックな会社にはまったり、やりたいことと現実の葛藤があったり、転職するたびに新たな壁にぶつかりました。
当時いきあたりばったりな思考しかできなかった私はいつしか転職回数も増えていきます。
どんどん自信を無くしていき転職がさらにうまくいかないという負のループを繰り返していました。

それはまるで抜け出せない真っ暗なトンネルにいるみたいで、どうやったらうまくいくのかわからず絶望していました。

しかしあることがきっかけで、転職と自分自身についてしっかりと向き合うこと出来るようになり、そこから転職人生が好転していきます。

私のこれまでの壮絶転職ストーリーを臨場感たっぷりの物語形式にして公開していますので、下記より読んでいただければ嬉しいです。

→転職を6回繰り返した元グランドスタッフありすのしくじりと成長の物語



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です